東矢憲了ファシリテーター(兵庫県)

  
プロジェクト・ワイルドは『言語活動』の実践にピッタリ!
平成23年度以降実施されている幼・小・中・高校新教育課程で重視される思考力、判断力、表現力等を育むことを目標にした"言語活動の充実"。
この実践の格好の教材としてプロジェクト・ワイルドを活用。
発達段階やこどもの特性、学習のねらいに応じた豊富なアクティビティを選択し、行うことによって「気づき」「思考」「判断」「理解」「行動」「表現」「実践」を容易にコーチングすることができます。
プロジェクト・ワイルドは環境が主なテーマですが、指導者は特別な予備知識も不要。文系も理系も心配ありません。指導者も子どもたちも一緒に楽しみながら自然にスキルアップ。
ここに豊かな感性も育ち、自然を愛し、人を愛する優しい気持ちの中で学びを進めている実感をつかむことができます。姫路工業高校では、エデュケーターとなった生徒たちが小中学生を指導するなど、より深い活動を実践。これら一連のプロジェクト・ワイルドへの取り組みが端緒となって素晴らしい人間性を育むことに成功。絆が深まっています。
もうずいぶん長くこの指導に関わっていますが、とにかくプロジェクト・ワイルドでの学びはほんとうに楽しい。自信を持っておすすめできます。
所属:兵庫県立姫路工業高等学校 職名:工業科代表科長 氏名:東矢憲了
【←←ファシリテーター目次へもどる】 【←前のファシリテーターへもどる】
| Home | プロジェクトワイルドとは | 指導員になるには | 指導員用ページ | Link | パンフレット | よくある質問 | サイトマップ |