衣川圭太ファシリテーター(長崎県)

  
〜3歳からの幼児から、小学校高学年までの長期のかかわりを持つ〜 
佐世保市の私立保育園マミーで副園長として勤務しています。マミーでは、環境教育や自然体験をイベントとしてではなく、日常の保育生活に取り入れています。アクティビティ「バッタの重力」をアレンジした、「ダンゴ虫の重力」では、台の上に窓枠を置き、歩く様子を下から覗いています。子どもたちの目は、キラキラと輝いています!私が保育にプロジェクトワイルドを取り入れたのは、@生き物の事を子どもたちに伝える手段としてとても有効A子どもたちが楽しいB子どもが理解しやすいCきちんとした根拠があるからです。ワイルドを体験し「これだ!」と思いました。それからワイルドにはまっています。 
衣川圭太(ファシリテーター)

勤務する保育園園児のほか、小学校での総合の時間での活動や子ども会からの活動でもワイルドを行っています。また環境教育支援者の会「プロジェクトワイルド長崎県」を立ち上げて 毎月定例のスキルアップ講座を行って会員の方たちと一緒に環境教育の向上に努めています。
【←←ファシリテーター目次へもどる】 【←前のファシリテーターへもどる】 【次のファシリテータへ移動→】
| Home | プロジェクトワイルドとは | 指導員になるには | 指導員用ページ | Link | パンフレット | よくある質問 | サイトマップ |